株式会社UCA・都市・建築設計事務所

* 英語で『都市』と言う語の『URBAN』の最初の文字です。向三軒両隣程度の小さな単位の生活空間を積極的に創造していく事が、より良い街(都市)づくりにつながる道と考えてUの文字を用いています。又、建築家 UNO・TAKEO の頭文字のUもあわせて表現しています。

* 英語で『創造する』という意味を持つ語の『CREATE』のCで、 人々の新しい生活空間を造るお手伝いをしていきたいとの気持ちを込めています。 

* 英語で『建築・建築術』という意味を持つ語の『ARCHITECTURE』のAと、それを設計し監理をする建築技師や建築家をあらわす語の『ARCHITECT』のAです

『地域の風土、歴史、文化をよく理解し地域に愛着を持った建築家が必要です。様々な建築の設計・監理等の仕事を通して住みよい街づくりのお手伝いをしたいと希望を込めて名付けました。』 

☆☆☆ UCAは、『都市と建築を考え創造する建築家 宇野武夫と仲間たち』の事務所です。 ☆☆☆ *



ボツワナ・チョベ国立公園で象を見ました。

(2014年8月撮影)

*会  社  概  要 (2015年05月更新)
*作  品  紹  介 (2015年05月更新)
*ニ  ュ   ー  ス (2015年04月更新)
*健 康 住 宅
*ふ ら り 旅 (2015年06月更新)
*く  り  ご  と
*オープンデスク  
*お問い合わせ


 
<ご挨拶>


5年ぶりに事務所の活動を振り返り、ニュース欄を更新しました。
早いもので、平成元年に事務所を開設し、27年が経過しました。
今回更新したニュースは、UCAで設計、監理した近年の建築の紹介と
建築家・設計者として各地で見た建築やその周辺の写真を紹介しております。
近年、医療関係の環境が大きく変化をしております。
地域の病院も、既存病棟の耐震診断や耐震改修を増築計画に合わせて行っています。
敷地の問題もありますが、先ず新病棟を増築し完成後に、仮使用の許可を取り
既存病棟の患者を移し、既存病棟の改修をする計画です。
言葉で言うと簡単ですが、計画を進めるとかなり複雑な仕事になります。
既存棟の設備関係の複雑な配管や配線類等が多く、又経年劣化したものもあり
オリンピック決定後のコスト高と合わせて、コスト、工程計画等が大変な時代です。
病院の建築も、人間の体の様に生きていて日々変化をしている感じがします。
仕事以外にも、千葉地方裁判所で民事調停委員や千葉県建築工事紛争審査会特別委員として
建築関係の紛争解決のお手伝いをしています。昨年から、民生委員として地域のお年寄りに
弁当を配達したりしています。
今後も、地域のアトリエ事務所として様々な活動をしていきたいと思います。
よろしくお願い致します。             平成27年 4月16日 宇野武夫

  

 
あなたは、ヒットカウンタヒットカウンタヒットカウンタヒットカウンタヒットカウンタ人目のお客様です。